サービス

受付[ヒアリング]
クリーニングにお出しいただくアイテムについて詳しくヒアリングし、丁寧に管理します。お預かりするアイテムのシミや汚れ、生地や装飾の欠損などの確認や、着用状況をお伺いし、状態に合わせたクリーニング方法をご提案させて頂きます。 また仕上げ方へのご要望をお伺いし、納期のお約束をさせてきます。多量のお持ち込みの場合は時間に余裕を持ってご来店下さい。 お預かりしたお洋服はバーコードタグを介してコンピューターで管理しますので、取り違えなどの心配がありません。

洗い
アイテムの素材・特性・汚れの質・汚れ度合いに合わせて最も適したクリーニングを行います。 素材別、色別に細かく仕分けしたお洗濯物は、装飾品の欠損予防の処置を施し、汚れ落ちを良くする為の前処理を終えた後、まずドライクリーニングを行います。その後、必要に応じてウェットクリーニング(水洗い)や、シミ抜きを行います。

乾燥
乾燥は自然乾燥と静止乾燥機で行います。当店では型崩れや縮み、風合いの変化や熱による装飾へのダメージなどを避ける為、回転式のタンブラー乾燥機を使用せず、自然乾燥と静止乾燥機で乾燥させています。

仕上げ
仕上げは最新の仕上げ機とプレス職人のハンドアイロンで行います。 当店ではアパレルメーカーも使用する最新の仕上げ機を導入しています。 要所に応じて仕上げ機とプレス職人のハンドアイロンを併用し、立体的に仕上げていきます。現在主流の素材の風合いを生かした自然な仕上げから、プレス職人の手仕事を多用したテーラードな仕上げまで、幅広い仕上げに対応する事ができます。

最終チェック・包装
汚れやシミが残っていないか、クリーニングによるダメージはないか、一点一点人の目でチェックします。仕上がったアイテムを一点一点人の目でチェックし、必要に応じて手直しやシミ抜き、毛玉の除去、ボタンの付け直しなどの簡単な修理を行います。最終チェックを終えた後アイテムに合わせた丁寧な包装を行います。

 

ドライクリーニング
「水洗い不可」の服飾品を石油から精製された揮発性の高いドライ溶剤を使用して洗うことをいいます。 洗いによる生地へのダメージが少ない反面、水溶性の汚れは落ちにくいという欠点があります。 またドライ溶剤は循環させて使用する為、ドライ溶剤内に溶け出した汚れが、服飾品を逆に汚染させる事があります。 当店ではドライクリーニングの洗浄力を最大限に発揮させる為、時間とコストをかけてドライ溶剤が常に透明で綺麗な状態を保つよう、徹底した管理を行っています。 毎日溶剤のチェック、洗浄を行っています。写真の様に透明な溶剤でなければ、服飾品を逆に汚染させてしまいます。

ウェットクリーニング(水洗い)
洗濯方法と基本的には同じですが、一般には水洗いする事ができないとされるウール・カシミヤ・シルク・毛皮などの素材のアイテムをプロの技術で水洗いし、 水溶性の汚れ(汗・尿・果汁・アルコール・たんぱく質・糖類・デンプン・塩など)を取り除くクリーニング方法です。 汚れ落ちが良い反面、多少の型崩れ・収縮・色落ち・風合いの変化・光沢感の減少などが現れる欠点がありますが、様々な加工剤を使用する事でほぼ復元する事が可能です。 デザインや縫製、装飾の仕様などにより、お勧めしない製品もあります。

Wクリーニング
ドライクリーニングとウェットクリーニングを併用する事により、汚れをほぼ取り除く事ができる為、特に汚れやシミがひどい服飾品や、シーズンオフのお仕舞品にお勧めしています。 最近では汗を沢山かく夏場に着た夏服を、お仕舞になる前にご利用される方が増加しています。 Wクリーニングをしておく事で、黄ばみの出現が激減します。 汚れのしつこい部分、シミなどはひとつひとつ手作業で取り除いていきます。

シミ抜き
Wクリーニングでも落とす事ができなかったシミや黄変を、特殊な方法を用いて一カ所ずつ落としていく事をシミ抜きといいます。 生地の素材やシミの状態により納期にお時間がかかる場合があります。 最近では家庭用洗濯機や洗剤の進歩もあり、家庭で洗濯する事ができる服飾品や、非常に安価な服飾品も数多く販売されています。 殆どの日常着はご家庭で洗濯する事ができると思いますが、高級品やファッション性の高いデリケートな素材の服飾品を大切に長く使うには、信頼できる高度なクリーニング技術をもったクリーニング店を上手に利用する事をお勧めします。

 

「アパレルケアのプロショップ」
窪田クリーニング店


〒780-0822 高知市はりまや町3丁目13-21小野ビル1F  
TEL&FAX/088-856-5333
お問い合わせメールフォーム

営業時間/11:00 - 19:00 (日曜日は18:00まで)
定休日/水曜・祝日

facebook&ブログ

    

SIDE MENU